SPEC

性能・保証

SPEC

性能・保証

QUAKE RESISTANT

耐震・制震

国内ではマグニチュード3以上の地震が毎月400回以上も発生しており、気象庁は「国内で地震が発生しない所も、大きな地震が絶対に起きない所もない」と断言しています。こうした予測不可能な地震に対して、日本で家を建てる以上は、地震対策がとても重要になります。

01

全棟 最高レベルの
耐震等級3相当

震度7が連続して観測された平成28年の熊本地震。震源地付近の益城町周辺では、耐震等級3相当で設計された戸建て住宅が、ほぼ無被害(又は軽微な被害)であったことから 改めて地震に対する家の耐震等級の重要性が注目されています。SHIN-EI HOUSEでは、もちろん、全棟で耐震等級3相当を標準仕様にしています。

耐震等級1は建築基準法と同等の耐震性,耐震等級2は等級1の1.25倍,耐震等級3は等級1の1.5倍 耐震等級1は建築基準法と同等の耐震性,耐震等級2は等級1の1.25倍,耐震等級3は等級1の1.5倍

耐震等級とは

地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で表されます。建築基準法で義務付けられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しない程度の耐震性能とされています。熊本地震のような、2回以上に渡る震度7程度の地震に対しては、耐震等級3のレベルが必要です。耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ耐久性です。

02

全棟 直下率計算済み

過去の地震では、耐震等級2(長期優良住宅基準)を持った住宅が倒壊しており、原因は「直下率不足」でした。 建築基準法で直下率の規定はありませんが、当社は全棟、直下率も計算します。

1階と2階で柱や壁の位置がバラバラ…だと直下率×,1階と2階で柱や壁の位置が同じだと直下率◯ 1階と2階で柱や壁の位置がバラバラ…だと直下率×,1階と2階で柱や壁の位置が同じだと直下率◯

直下率とは

直下率には「柱」と「壁」と2種類あります。 柱の直下率は、2階の柱の下に1階の柱がどれがけあるのかを示す値です。壁の直下率は、2階の耐震壁の下に1階の耐震壁がどれだけあるかを示す値です。 過去の地震の調査結果から、これらの直下率が60%以上の建物は大地震の揺れに耐えています。

03

木造の家

地震の振動エネルギーは建物の重さに比例するため、重い建物ほど大きく揺れますが重量の軽い木材で作られた家は、鉄やコンクリート造に比べて揺れ幅が小さくなります。また、木材は表面が炭化すると内部まで燃焼しない性質があり、一定以上の厚みを持つ太材は耐火性にも優れています。

構造材について
土台には檜、柱と梁には杉無垢材・米松を使用。SHIN-EI HOUSEでは構造材も集成材は使用しません!

引っ張りにも圧縮にも木は圧倒的に強い! 引っ張りにも圧縮にも木は圧倒的に強い!

引っ張る力・圧縮にも強い木材

木材は引っ張りや圧縮に対する強度がとても高く、同じ重さでの材料で比較すると、圧縮に対する強さは鉄の約2倍、コンクリートの約9.5倍、引っ張りに対しての強さは鉄の約4倍、コンクリートの225倍もあります。

04

世界最高性能の
木造住宅用制振装置を採用

SHIN-EI HOUSEでは、ドイツに拠点を置く世界最高峰の制振装置メーカー「ビルシュタイン社」と日本の老舗メーカーが共同開発した、木造住宅向け制振ダンパー「evoltz(エヴォルツ)」を採用しています。揺れ始め、わずか1mmの微振動から大きな揺れまで瞬時に効果を発揮し、繰り返される余震においても何度でも制振性能を持続します。

evoltz,日本の木造住宅に世界品質の安心を。 evoltz,日本の木造住宅に世界品質の安心を。
耐震等級1は建築基準法最低限の基準,「耐震等級3」の家でも、制振装置が必要です。 「耐震等級3」の家でも、制振装置が必要です。

地震に対する強さの目安

崩壊に対して
数百年に一度発生する地震(東京では震度6強〜震度7程度)に対して、倒壊・崩壊しない。

損傷に対して
数百年に一度発生する地震(東京では震度5強に対して、損傷を生じない。)

地震に対する建物の強さを表す耐震等級では、「耐震等級1(最低限の基準)」で「震度6強~震度7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない」とされていますが、想定されているのは、1回目の強地震に対してのみで、2回目に対しては想定されていません。つまり、「耐震等級1」の1.5倍の強さとされる「耐震等級3」の家であっても、連続して震度6クラスの地震を受けた場合、1回目は耐えても2回目で倒壊する可能性は非常に高くなります。 要するに、「逃げる時間は倒壊しないようにする」というのが耐震の基準となります。平成28年の熊本地震では、連続して震度7クラスの地震が発生しました。こうした地震に対しては「耐震等級3」を取得しただけでは十分な対策とは言えません。

対策

1. 大きな地震(本震)が発生した際に、構造部材の傷みを軽減し体力が落ちないようにする。(衝撃力の吸収)

2. 繰り返しの余震に対しても同様に、構造部材が痛まない、体力が落ちないようにする。(揺れ疲れ・余震対策)

3. どんな地震の周期にも共振させない。(共振防止)

耐震等級1は建築基準法最低限の基準

地震に対する強さの目安

崩壊に対して
数百年に一度発生する地震(東京では震度6強〜震度7程度)に対して、倒壊・崩壊しない。

損傷に対して
数百年に一度発生する地震(東京では震度5強に対して、損傷を生じない。)

地震に対する建物の強さを表す耐震等級では、「耐震等級1(最低限の基準)」で「震度6強~震度7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない」とされていますが、想定されているのは、1回目の強地震に対してのみで、2回目に対しては想定されていません。つまり、「耐震等級1」の1.5倍の強さとされる「耐震等級3」の家であっても、連続して震度6クラスの地震を受けた場合、1回目は耐えても2回目で倒壊する可能性は非常に高くなります。 要するに、「逃げる時間は倒壊しないようにする」というのが耐震の基準となります。平成28年の熊本地震では、連続して震度7クラスの地震が発生しました。こうした地震に対しては「耐震等級3」を取得しただけでは十分な対策とは言えません。

対策

1. 大きな地震(本震)が発生した際に、構造部材の傷みを軽減し体力が落ちないようにする。(衝撃力の吸収)

2. 繰り返しの余震に対しても同様に、構造部材が痛まない、体力が落ちないようにする。(揺れ疲れ・余震対策)

3. どんな地震の周期にも共振させない。(共振防止)

ENDURANCE

耐久性能

日本の住宅は、築25年~30年で建て替えらている家が多いのが現状です。次世代に家を住み継ぐ家づくりをしてこなかったことから、短命な家が多くなってしまっています。私たちは価値を維持・向上させ健康で快適な暮らしが持続できる家をつくります。

01

寿命の⻑い施工方法

基礎断熱(タイトモールド工法)

床下に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに板状の断熱材を施工し、床下気口を設けない工法です。蓄熱層としても使えるので温室の安定と省エネ効果があり、 夏はひんやり涼しく、冬は暖かい床になります。また、外からの湿気を取り込まない為、結露や木材腐朽の防止にもなります。

標準仕様の商品ライン
Levante,レバンテ Levante,レバンテ

基礎パッキン工法

基礎と土台の間に強固な樹脂製のパッキンを使用し、そこに隙間を造って換気する工法です。床下換気口を比べて周囲をほぼ満遍なく通気ができ、コーナー部分の空気の淀みを激減して湿気が溜まりにくくなります。

標準仕様の商品ライン
Levante,レバンテ U110,U110シリーズ Levante,レバンテ U110,U110シリーズ

外壁通気工法

木造住宅の外壁は、室内からの湿気が入り込んだり断熱材の欠損があると壁内結露を起こす可能性が高くなります。これにより木材が腐り耐久性を低下させ、室内側の石膏ボードの裏面からカビが発生するなど室内環境も不衛生な状態となります。
SHIN-EI HOUSEでは壁体内の湿気を外部に放出する「外壁通気工法」を取り入れています。透湿防水シートで壁を覆い、外壁材との間に外気が流れる層をつくります。それにより、壁内の湿気を透湿防水シートから通気層を通して外部に放出する方法です。

02

防蟻・防腐対策

化学薬品を一切使用しない自然素材の安全な防蟻材

「エコボロン」

自然界に存在する天然の鉱石「ホウ酸塩鉱物」で作られている防蟻材「エコボロン」。エコボロンはシロアリを死滅させるだけではなく、処理が施された木材をシロアリが食べれなくするという点も、効果の大きな特徴です。また、ホウ酸塩は揮発・蒸発をすることがないため、シックハウスの心配もありません。目薬やソフトコンタクトレンズの保存液にも使用されているその安全性から、文化財の防腐・防蟻処理にも採用されています。

ENERGY SAVING

省エネ性能

電気やガスなどのエネルギーを無駄なく上手に使うことは、環境にも優しい省エネだけでなく、家計の節約にも繋がります。毎日の生活の中で最もエネルギーを使う冷暖房機器も、室内の温度変化が小さければ節約が可能です。SHIN-EI HOUSEの家は、省エネ効果が高い(温熱環境等級4)性能の素材を使用しています。

01

高い断熱効果で、外からの熱気や外気を防ぐ

セルロース断熱

パルプを原料とする紙製品を再利用してつくられた紙片状の断熱材です。化学物質を一切使用しない為、シックハウスの原因となる有害物質が放出されず快適な空間をつくります。 その他、結露・カビの防止や、防耐火性・遮音性能など、沢山の優れた性能があります。

標準仕様の商品ライン
Levante,レバンテ Levante,レバンテ

フォームライトSL

硬質ウレタンフォームを現場で発泡し、吹付け施工する断熱材です。断熱材の99%が空気であることから、経年による断熱性能の低下がほとんど起こりません。優れた気密性で、外部の騒音や気になる内部の生活音が漏れる心配もありません。

標準仕様の商品ライン
Levante,レバンテ U110,U110シリーズ Levante,レバンテ U110,U110シリーズ

世界最高基準樹脂サッシ エルスターX

最先端のテクノロジーを結集し、世界トップクラスの断熱性を可能にしたアルミサッシ。熱貫流率0.79w/(㎡・K)実現。従来の樹脂サッシの断熱性より約44%も向上!

標準仕様の商品ライン
Levante,レバンテ Levante,レバンテ

YKKエピソード(樹脂複合サッシ)
LowーEガラス

第11回キッズデザイン賞を受賞したアルミ樹脂複合窓。
アルミ窓から大きく進化したエピソードは、高い断熱性と防露性を兼ね備え、心地良い住空間を生み出します。

標準仕様の商品ライン
Levante,レバンテ U110,U110シリーズ Levante,レバンテ U110,U110シリーズ

02

換気システム

第1種換気方式

給気・排気ともに機械で行う換気で、計画的な換気が可能です。安定して新鮮な空気を供給しながら汚染空気を排気してくれます。

第一種換気
標準仕様の商品ライン
Levante,レバンテ Levante,レバンテ
第一種換気

※U110シリーズの性能は国の基準を大幅に達成しておりますが更に高性能(耐久・省エネ)に変更する事も
オプションで可能です。

METHOD

工法

SHIN-EI HOUSEでは、木造軸組工法を採用しています。木造軸組工法は日本古来の工法で柱を立て、梁を水平に渡し、筋交いという斜めの材を入れて補強するように家を建てます。

01

間取りの自由度が高い

点と点を結ぶように柱や梁を備えるため、点の位置によって空間のカタチやサイズを自由に決められます。あと何センチ広げたいとか、斜め方向に張り出したいといったことにも対応しやすくなります。

02

大きな開口部をとりやすい

点と点の距離が自在ですから、壁(面)を抜きやすいメリットがあります。そのため柱と柱の間隔があいた大空間のある間取りや、大開口の窓をつくりやすくなります。

03

リフォーム時の
間取り変更に対応しやすい

木造軸組工法は、将来的なリノベーション・リフォームにも比較的対応しやすく、間取り変更や間仕切り壁の撤去なども比較的容易なため、家族構成や生活スタイルが変化した際にも柔軟な対応が可能です。

UNDERFLOOR STORAGE

多目的地下収納

基礎断熱を実現する「タイトモールド工法(地下空間専用型基礎枠)」を採用することにより、大容量の多目的地下収納スペースを作り出すことが可能となります。収納スペースやシアタールーム、お子様のプレイルームなど、様々な用途に活用することが可能です。

01

地中梁の役割で、
耐震性能・耐久性能が向上

通常の基礎と比較して、地中深くまで基礎の梁・耐圧盤が入り込むため、横揺れに対する「水平剛性」や沈下リスクを低減する「垂直剛性」が高まるため、住まいの強度が飛躍的にアップします。

接地する表面積が増え、滑動に対する抵抗が増加します。 接地する表面積が増え、滑動に対する抵抗が増加します。

02

床下環境がつくり出す快適性

基礎で断熱された地下空間は「外気」を遮断することが可能です。そのため、コンクリートの蓄熱作用を効果的に利用できるほか、地熱の利用も可能となるため、「夏は涼しく、冬は暖かい」温熱環境を作り上げることが可能となります。

地中熱/冬,地中熱/夏,外気温,凍結深度 地中熱/冬,地中熱/夏,外気温,凍結深度

03

住まう人の
スタイルに合わせて、
様々な活用が可能

例えばお子様のプレイルームやシアタールーム、トレーニングルームなど、趣味のお部屋としても活用できるほか、非常用備品や食料品の備蓄、衣替えの衣類を保管するための大容量パントリー・クローゼットとしても活躍します。

WARRANTY

保証

どんな住まいも、年月の経過と共に痛みや損傷も進行していきます。永く暮らす住まいだからこそ、プロの目でチェックし、建てるときはもちろんのこと、建てたあとも長期的に家を見守り、住まいの価値を維持するためのメンテナンスが重要です。SHIN-EI HOUSEでは、第3者機関である「家守りホールディングス」と提携し、安心の住宅検査とアフターサービスで、お客様の住まいを見守ります。

01

24時間365日、
あなたの住まいをサポート!

お施主様専用のフリーコールにお電話いただければ、住まいでお困りの事など、曜日や時間に関係なく電話1本で迅速に対応いたします。スタッフは住宅や建築に精通しているので、安心してお電話ください。

接地する表面積が増え、滑動に対する抵抗が増加します。 接地する表面積が増え、滑動に対する抵抗が増加します。

02

建てた後もしっかり管理!
定期点検

完成後、半年・1年・3年・10年の定期点検を行っています。修理費に関しては各建材、設備の保証期間内の場合は無償で、その他無償で可能なメンテナンスは全て実施いたします。もちろん各設備等の保証期間が終わっても良心的に対応していきます。

地中熱/冬,地中熱/夏,外気温,凍結深度 地中熱/冬,地中熱/夏,外気温,凍結深度

03

建築中でも完成後でも、
万が一の安心保証

SHIN-EI HOUSEは、お住まいが完成したのちに、万が一の欠陥や不具合が発見された場合の補償を行うための、「住宅あんしん保証」に加盟しております。また、修繕に伴い、一時的に仮住まいの確保を余儀なくされる場合も、その保証の範囲内となります。

建築後、60年間の⻑期メンテナンス保証

住宅の構造・防水等の保証は10年保証が一般的です。しかし、実際は10年よりもっと先の保証が必要だと私たちは考えます。SHIN-EI HOUSEは無料定期点検に加え、60年の⻑期保証システムを導入しています。

建てるまでの検査

建築中全6回の建物品質検査を行い安心して永く住み続けられる住まいづくりをお手伝いします。

検査6回コース(木造の場合),第1回基礎配筋検査,第2回基礎出来型・土木検査,第3回屋根ルーフィング・構造体検査,第4回耐久壁・構造金物検査,第5回防水検査,第6回完了時検査,※瑕疵保険法人による検査も同時に行えます。(一部お取り扱いできない瑕疵保険法人もあります。) 検査6回コース(木造の場合),第1回基礎配筋検査,第2回基礎出来型・土木検査,第3回屋根ルーフィング・構造体検査,第4回耐久壁・構造金物検査,第5回防水検査,第6回完了時検査,※瑕疵保険法人による検査も同時に行えます。(一部お取り扱いできない瑕疵保険法人もあります。)

建てたあとの点検

お引き渡しからの定期点検を最大13回実施。サポートは最長60年間の延長保証が可能です。住まいの価値を維持し、永く住み続けられる住まいを見守ります。

維持管理点検,お引き渡しから1・2・5年目に主にサッシ建具、各部屋、仕上などを中心に目視点検を実施します。検査箇所は基礎・外壁・屋根・バルコニー・外部窓・内装・建具・設備,10年目に維持管理検査※有償メンテナンスあり,お引き渡しから10・20年目、目視に加え、必要に応じて赤外線サーモグラフィなどの非破壊機器による調査を実施します。検査箇所は基礎・外壁・屋根・バルコニー・外部窓・内装・建具・設備・柱、梁・小屋裏・軒裏・床組,15・20年目に維持管理点検,お引き渡しから15・25年目、主にサッシ建具、各部屋、仕上などを中心に目視点検を実施します。検査箇所は基礎・外壁・屋根・バルコニー・外部窓・内装・建具・設備,25年目に維持管理検査※有償メンテナンスあり,サポート終了,30年目以降、さらに10年間サポートを更新することができます。※維持管理料及び維持管理検査料が別途かかります。※建物の耐久性能に応じて、延長可能期間が異なります。35年目に維持管理点検,40年目に維持管理検査※有償メンテナンス,45年目に維持管理点検,50年目に維持管理検査※有償メンテナンス,55年目に維持管理点検,60年目最長60年延長可 維持管理点検,お引き渡しから1・2・5年目に主にサッシ建具、各部屋、仕上などを中心に目視点検を実施します。検査箇所は基礎・外壁・屋根・バルコニー・外部窓・内装・建具・設備,10年目に維持管理検査※有償メンテナンスあり,お引き渡しから10・20年目、目視に加え、必要に応じて赤外線サーモグラフィなどの非破壊機器による調査を実施します。検査箇所は基礎・外壁・屋根・バルコニー・外部窓・内装・建具・設備・柱、梁・小屋裏・軒裏・床組,15・20年目に維持管理点検,お引き渡しから15・25年目、主にサッシ建具、各部屋、仕上などを中心に目視点検を実施します。検査箇所は基礎・外壁・屋根・バルコニー・外部窓・内装・建具・設備,25年目に維持管理検査※有償メンテナンスあり,サポート終了,30年目以降、さらに10年間サポートを更新することができます。※維持管理料及び維持管理検査料が別途かかります。※建物の耐久性能に応じて、延長可能期間が異なります。35年目に維持管理点検,40年目に維持管理検査※有償メンテナンス,45年目に維持管理点検,50年目に維持管理検査※有償メンテナンス,55年目に維持管理点検,60年目最長60年延長可
TOPへ