NEWS

新着情報

NEWS

新着情報

SHIN-EI HOUSE住まいづくり座談会【特別編】

今回の座談会は特別編!子育てに優しい住まいづくりをご提供するSHIN-EI HOUSEですが、

今回はお子様が大きく成長された子育てママをお招きし、ご自身の経験等も語っていただきながら、

子育て住宅の未来について考えてみました!

 

座談会メンバー

弊社インタビュアー

38歳女性 (9歳と7歳のお子様)

36歳女性 (13歳と10歳と8歳のお子様)

37歳女性 (13歳と8歳と10ヶ月のお子様)

 

-お子様が成長されるにともなって感じた、困ったことや実感したことはありましたか?-

●子供たちが、勉強部屋よりもリビングで勉強することが多くて、学校関係のプリントがリビングにたまったこと(笑)それが予想できていたら、勉強用のカウンターをリビングかダイニングに作ったかな〜。

●壁に磁石とかでプリントを掲示できるスペースがあったら、なお便利(笑)

●子供の成長に合わせて部屋を模様替えできるようなつくりにしていくと便利だと感じた。例えば、移動式の壁をあらかじめ備え付けておくとか、クローゼットの壁を取って部屋の一部にできたりするとか(笑)

●玄関に個人ロッカーがあると便利だと思った。家族それぞれが使っている雨具とか学校のものをしまえたりするとラクだったな〜(笑)

●確かに!(笑)子供が大きくなって使うものが増えてくると、置く場所にも困るし、子供同士間違えて使うことも意外とあったな〜。

●子供が増えて、大きくなって感じたけれど、やっぱり玄関土間は広い方がいい!

●洗面台のほかに、汚れたものをつけ置きしておけるシンクがあるといいなと思った。部活とかで付いた服とか靴の汚れ落としが結構大変で・・・いまは浴室で落としています。

●子供がどんどん成長してくると、洗濯物も増えるしサイズも大きくなってくるので、干す場所を確保するのが大変!室内干しができるサンルームとかがあれば良かったな〜。

 

-なるほど〜。住まいを建てられる方の多くは、お子様がまだ小さい時に建築されることも多いので、お子様が大きくなったときの生活はなかなかイメージできないですよね。むしろ、お子様が大きくなったときのことを考えて住まいづくりを進めていくのも、一つの方法のような気がします。-

 

-これから住まいづくりを始められる方々に、お勧めしたいことはありますか?-

●床材や壁紙など、CGで確認ができるようであれば確認をするといいと思います!

●それができれば本当にいい!(笑)わたしの場合は、自分のセンスに自信が持てず、ほとんどを無難な「白」にしてしまったので、雰囲気の確認が画面でできれば、壁紙とかもっと冒険できたように思います。

●住宅メーカーの担当の方に、自分たちの好みをしっかりと伝えることが大事だと思います。ちょっとした「違う」が増えてくると、完成した時に悲しい思いをすることがなくなると思うので(笑)

●好きな雰囲気や住まいのサンプル画像をスクラップブックにして打ち合わせに持っていくと、とてもいいと思います。言葉ではなかなか伝わらないことも多いので・・・

 

-やはり、打ち合わせの段階でどこまで希望を伝えることができるかは、とても大切ですね!そして、お子様の未来の成長されたお姿をイメージしながら住まいづくりを進めていくことも、とても大事なことだと感じました。本日はお集まりいただき、本当にありがとうございました!-

 

今回は、お子様も大きく成長され、長年子育てを行ってこられた3名のお母様に、将来の住まいのリアルな現状を語っていただきました。今回の座談会で感じたことは、お子様の成長は速いということと、その成長に合わせて使い勝手も変わってくる、というライフスタイルの移り変わりに合わせることのできる住まいづくりの大切さでした。今回の経験談は、これから住まいづくりを考えられるママには大きなヒントとなると思います!

TOPへ